So-net無料ブログ作成
検索選択

【画像】またパクリ?!佐野氏デザイン「酷似」でブログから削除!

■また出た~佐野氏デザイン「酷似」?!

2020年東京五輪・パラリンピック公式エンブレムの撤回が発表され、
今度は、扇子製造販売老舗の京扇堂(京都市下京区)は2日、2012年
5月エンブレムを制作したデザイナーの佐野研二郎氏が、雑誌で発表
した社名入りのデザインに”転用”の疑いがあるとして、ホームページ
のブログから削除することを決めた。

京都新聞の報道によると、事の顛末はこうだ。
雑誌に掲載されたデザインは「涼」の「口」部分に扇子の画像をあし
らってあり、「京扇堂」と記されている。

京扇堂によると、雑誌の企画で出版社から社名使用の依頼を受けて、
許可したそうだ。

■今度はうちわが扇子になった?!

そして、このデザインに「酷似」しているのが、秋田県横手市で12年
6月にあった団扇(うちわ)展の宣伝チラシだが、「涼」の「口」部分
が団扇の絵になっている。

sanopak905.jpg
ブログから削除された佐野氏が2012年に雑誌に発表したデザイン
(京扇堂のホームページから)

kyoto.jpg
秋田県横手市で2012年に行われた団扇展のチラシ(河北新報社提供)

主催した横手駅前商店街振興組合によると、チラシは雑誌発売前の5月
から公開していたということで、「似ていて驚いた」とか。

京扇堂の斉木健雄専務は、「当時は社名を貸してほしいと言われただけ
だった。酷似しており、困惑している」と話している。

京扇堂にしてみれば本当に、迷惑な話で、”気の毒”な話というほかない。

東京都も、いい迷惑・・・。

今回の東京五輪公式エンブレムの取り下げを受けて、東京都は1日の夜、
庁舎ロビーなどに掲示していたエンブレム入りのポスターを撤去。

既に、のぼり旗や横断幕といった関連グッズの作製などを発注済みで、
契約金額はなんと合計4652万円に上るという。

今後、業者への違約金が発生するかや、組織委に補償を求めることが
できるかどうかについて関係者と協議するそうだ。

舛添要一都知事は、エンブレムの使用中止方針が決まったことに関し、
都内で記者団に対し、

「佐野さんに説明してもらいたい。裏切られたという感じがする」

と不快感を示したという。

■”パクリ”常習デザイナー?に下った「天罰」

直接の”被害”は受けていないにせよ、今や、ほとんどの国民が佐野氏
の”パクリ”行為や、反論などの姿勢に対して、舛添都知事と同様に、
批判的な感情を持っているだろうと推測できる。

極め付けは何と言っても、佐野氏ホームページで説明された取り下げ
の理由だ。

これほどまでに次から次に出てくる佐野氏デザイン「酷似」の案件
があるにも関わらず、模倣否定。
そして「人間として耐えられない」 というコメント。

sano905.jpg

これだけ、世間に対し、迷惑をかけておきながら、無責任で、あくま
でも自分中心の姿勢だ。

7月24日、自身の作品が、2020年東京五輪のエンブレムとして発表
された際、

「いつの日か五輪のシンボルを作ってみたかった。夢は捨てなければ
かなうんだと思った」

と、佐野氏は感激を表現し、ご満悦だったが、5年後の祭典の日を迎え
ることなく、消滅。

まさに、天国から地獄・・・(笑)
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。